私の巻き簾よ沖縄に届け

私の巻き簾よ沖縄に届け

こんにちは、ヨメです。

「君に届け」を読んでいたらこんなタイトルになってしまいました。

 

人の住む場所が変わる時、
住む場所に想いを馳せるより先に
現実的に1番考えるのは引越しだと思うのですが、
例に漏れず私も、引越しに持って行く物について考えまくりの日々です。

目標は、シンプルかつ、
「あーこれ持って来てない、買わないと」と、ならない生活!
これ私の中では凄く大切な項目で
持っていたのに買わなくてはならず持ち物がダブるのが、すごーーーく、損した気分。

 

それって、どんなアイテムなんだろう?

 

普段使っているものは、普段使っているからちゃんと持って行けるのです。
で、ポイントは、
毎日はつかわないけど、その作業をするとなったら何気なく必ず使っている物
本日それに気付いたのです。

なぜ気付いたかと言うと、きっかけは、卵焼きでした。
卵焼きを焼く時の必須アイテムは、卵焼き用フライパン、箸、そして、巻き簾(まきす)!
この、巻き簾を必ず使うのです。

巻き簾は普段、あまり開けない引き出しにしまわれていて、かなりマイナーメンバーなのですが、卵焼きを焼く時はスタメンです。
焼きあがった卵焼きを、巻き簾でぐるっと巻いてしばらく置いておくと卵焼きがしぼむことなくふっくらとします。

この、いい仕事してくれる巻き簾は、絶対に沖縄に持って行かなければなりません。
巻き簾は他にも使い道があって、これからの時期、お皿の上に置いて素麺の水切りに使う事も出来ます。

こう言う普段何気なく使っているアイテムを見逃さない様に、荷物に入れなければなりません。それに気付かせてくれた巻き簾に感謝!

なのでした。