沖縄に住むなら都会?田舎?

沖縄に住むなら都会?田舎?

こんにちは、オットです。

やっと、移住先の住まいが決まりました

以前の記事でもヨメが書いていたのですが、引越しは子供の環境を最優先」との考えで、住む場所の治安、幼稚園の環境、小学校の学力など、色々調べながら家も探しつつで、中々決まりませんでした。

家についても、築年数が若い綺麗めなマンションが良いという僕の意見に対し、ヨメはボロい古民家が良い(自分でリフォームOKならなお良し)という感じで、真っ向対立していたのも中々決まらなかった原因です。笑

結果的には、沖縄での生活に慣れるまでの間は家具付きの家に住む事になりました(それなら会社が援助してくれるとの話をいただけた為)。

残念ながら家具付きの古民家は見当たらなかったので、(治安や幼稚園の環境も考慮した上で)僕の意見が尊重され、僕的にはかなり満足のいく物件を借りられることができました!

 

まあ、最終的にはヨメも長男も喜んでましたが。笑

 


 

さて、本題ですが、沖縄に住まいを探す場合、大きく以下の2パターンに分かれるかと思います。

・都会(那覇市中心部)に住む

・田舎(中心部から離れた地域)に住む

です。
どちらもそれぞれの良さがありますので、比較したいと思います。

都会に住むメリット

都会(特に新都心と呼ばれる地域)は、本土からの移住者が多く引越しが珍しくないので、いわゆる「よそ者扱い(ナイチャー扱い)」を受けにくいです。
田舎に住んだとしても、基本的には皆温かく迎えてくれるそうですが、場所によっては稀にそういった扱いを受けることもあるようです。まあ、どこに行っても結局はその人の付き合い方次第でしょうけど!(身も蓋もない)

 

また、沖縄はリゾート地のイメージが強いですが、都心部は思ったよりも都会です。
僕の住んでいる岐阜とは比べものにならないくらい栄えています。笑
映画館、美術館、ショッピングモール、オシャレなカフェや雑貨屋さんなどなど、ウチの周りにないものがいっぱい・・・! 生活に不自由がないですね。僕のようなド田舎民からしたら憧れの環境です。
都会から移住される方も、ある程度本土と変わらない生活を送れるのではないでしょうか。

 

もう一つ、沖縄は少し前まで小中学校の全国学力テスト最下位の常連だったのですが、都心部の学校の学力は全国平均以上のようです。

幼児の学習に力を入れていたチロリン幼稚園の先生「沖縄で一番学力が高いところは泊(とまり)小学校」とおっしゃっていましたが、その泊小学校も例に漏れず新都心にありました。

ほか、都心部では塾や英語、ピアノなど習い事ができる環境も充実しており、その辺りも良いかと思いました。

※学力テストの件を受けて、沖縄県教育委員会は学力推進を行い、2014年には6年連続最下位だったところから24位へと大幅に躍進。小学校は現在も全国平均をキープしているとのこと。沖縄の子どもたちすごい頑張ってる!!

 

Advertisement

 

田舎に住むメリット

田舎(中心部から離れた地域)に住む最大のメリットは、沖縄感溢れる生活を送れることですね!
都心部に住むと生活は便利ですが、本土と代わり映えがせず、沖縄をあまり感じられないかもしれません。

田舎では、海辺に住んで毎日海を見ながらのんびり過ごすという憧れの生活も可能です。
(ただし、塩害に悩まされるというデメリットもありますが;)

沖縄南部に位置する豊見城市は、過去に全都市住みよさランキングで、県内1位に輝くほど魅力的な地域です。西海岸側に少し出ると、海が広がる美しい景色を一望できるのも、その理由の一つですね。

 

また、ヨメが切望していた古民家ですが、やはり都心部にそのような物件はあまり見られません。古民家なら、自分でリフォームをしたり、ガーデニングをしたり、はたまた庭でハンモックに揺られてみたり・・・夢が広がりますね。笑

 

あとがき

結局のところ、やはり学校の学力や環境という部分を重視して都会(那覇市中心部)に住むことに決めましたが、子供の手が離れたあとなら、田舎に移住して海辺でのんびり過ごすのも良いかなと思いました。

というか、せっかく沖縄に移住するならそういうのが夢ですよね!笑