【沖縄移住準備】箱詰め編 ~発見!4つのルール~

【沖縄移住準備】箱詰め編 ~発見!4つのルール~

こんにちは、ヨメです。

本日、箱詰めを開始しました。
一度、詰めてみよう!という気楽な感じで。

しかし、
私が荷物を詰める時に気になるのは、
いかに1つのダンボールに詰めるかでした。
1つの荷物ごとに料金が掛かるので、
重さが関係無いゆうパックでは、特に!
詰め放題の感覚でやってみました。

詰め始めると、意外と楽しいかも⁈
ビンを梱包材でくるくる巻いてダンボールに入れる。
このビンは、前回お米を入れる事にしたビン
詰めてみてまず、気付いたのはビンの中、何か入るよね?

そこで、キッチンツールを詰めてみました。

いい感じ

更に、小さいビンの中にも、何か入るよね?

と、今度は戸棚からクッキー型を取り出して

必要な物、要らないもの選別して、

詰めてみる。

いい感じ

という具合に詰めまくる。

ここで、自分ルールを作りました。

 

1、同じ種類のものは同じ箱に

例えばビン、ビンの蓋は同じ箱に。
ただでさえ荷物の箱でカオスな引っ越し先で、
ビンの蓋を求めて箱を開けてさまよう事は避けたいので。ついの物は同じ箱に入れてあげる。

 

2、小さいものの中に、更に小さいものを入れる

小さな調味料のビンの中のスペースも、無駄にしてはいけません!ビンの中にはクッキー型を入れました。
本来なら、クッキー型はプラスチックの箱に入っていましたが、

そこから出し、詰めました。プラスチックの箱は、その容器に収まる、クッキー型よりもっと大きな物が入るのでそちらのスペースに取っておきます。

 

3、シリコン製品や、タオル、ふきん等の布製品は梱包材になる

引っ越し先で処分に困るのは、梱包材の処分。
少しなら良いけれど、大量の新聞紙は困りものです。なるべく最小限に減らす為に、シリコン製品や、ガラス瓶にタオルを巻いて緩衝材や、梱包材の代わりにしました。

 

4、楽しく、パズルの感覚で!

何かと憂鬱になりがちな面倒な荷造りも、ノリノリの音楽、好きなテレビを見ながら(作業、進まない?)
パズル感覚で楽しくやりましょう。新しいお家で、ダンボールを開けた時を想像しながら!楽しく作業していたら、庭にお客が

楽しんでるかニャ?

実際、ミカンの箱にこれだけの物が入りました。

さらに後から、クッキー型と、ふきんと、ご飯型と、塩。

箱に詰めたらこんな感じ。

ぎっちり。