意図せずソフトバンク光の料金が年間12,000円安くなった話

意図せずソフトバンク光の料金が年間12,000円安くなった話

沖縄移住まであと1週間、オットです。

やっと重い腰を上げ、本日から引越し準備を始めました。そこで、現在契約しているインターネットプロバイダのソフトバンク光ですが、引越し先ではマンションのWi-Fiを利用できるため、解約手続きをしようとサポートに電話をかけました。

電話はテンション高めの陽気なお姉さんが出ました(品が良い鈴木奈々みたいな感じ)。

 

お姉さんに僕の契約状況を確認したところ、現在ソフトバンク光契約による携帯電話の割引が5,000円(1,000円×5人分)入っており、また僕がソフトバンクの株主のため優待で更に1,200円割引になっている状態でした(普通に忘れていた;)。

なので、現在「4,200円-1,200円=3,000円」をソフトバンク光使用料金として支払い、「1,000×5=5,000円」の(携帯電話料金への)割引を受けている状態なのです。

ん? 解約すると実質2,000円損をする・・・?(家族全体で見ると)

 

Advertisement

 

そんな話の中、更に解約を申し出た方へのサービス「1年間毎月1,000円割引」が発動しました。

え、どういうこと??

お姉さんに「それって、解約したい人を思い留まらせるための引き止め措置みたいな感じです?」と聞くと、「まあ・・・そんな感じですね!アハハハハ!」とすっごい笑って答えてくれました。僕も笑っちゃいました。笑

なので、今回解約を申し出たことで(どっちにしろ携帯電話料金の割引や株主優待もあり解約はしませんでしたが)、意図せず年間12,000円安くなった形でこの件は終わりました。お姉さんは最後まで陽気に対応してくれました。陽気な接客って意外とめっちゃ好感持てるな・・・とふと思いました。

 

今回割引が入ったのは、僕がなんらかの条件を満たしていた(契約期間とか契約状況とか?)のかも知れないので、同じように解約手続きの連絡をしてもそのままスッと解約まで行ってしまう可能性もあるため注意が必要ですが、一応こんなこともありましたという報告でした。

この浮いた12,000円で、レゴランドにでも行こうかと思います(潰れる前に)。