「メンタルが安定している人」の言葉にすごく共感できた話

「メンタルが安定している人」の言葉にすごく共感できた話

常に台風と隣り合わせ、オットです。

今回は台風と全然関係ないのですが、最近「メンタルが安定してる人の言葉」というのが話題になっています。

 

まわりで特にメンタルが安定していると思う人が共通してよく言う言葉が “基本、他人には期待しない”
一見冷たい印象だけど、言ってる人はむしろ面倒見良くて慕われていることも多い。
“人をどうしよう”とか”人にどうしてもらおう”という考えを捨てるだけで、人間関係の悩みの9割くらいは解消しそう。

という内容です。

なるほど・・・と、今週の出来事の中で一番共感できました。いわゆる他者依存の考え方ですね。

 

仕事関係でも家族でもそうですが、業務や家事を行う際、“他者(パートナー)に期待せず”、自分で100%こなそうと考えた場合、周りの助けがなくてもタスクは達成できますし、そこで他者の援助(例えば50%分のフォロー)が入った場合、成果物は100%以上のものとなり、完成度はより高まり、作業時間も短縮されます。パートナーに感謝の気持ちも湧いてきますね。

逆に、他者の助けありき(例えば自分50%+他者50% =100%想定)で物事を進めた場合、他者に少しでも遅れが出たり、手伝ってもらえなかったりすると、達成率が100%に到達しないばかりか、パートナーへの不満さえ生まれてしまいます

 

そういった「他者に依存した考え方」は、メンタルを不安定にし、自分も周りも不幸にしますね・・・

僕自身も、この記事を見て思い当たる節が何個かありました。笑

 

普段の生活で、他者(パートナー)に対して「やって当たり前」と思っていることって結構あると思います。

仕事なんだから、上司は(部下は)フォローするのが当たり前。
主婦なんだから、家事をするのが当たり前・・・といったように。

それらを「当たり前のこと」とせず、やってもらったことに「ありがとう!」と感謝できるようになると、皆が幸せになれそうですね。

 

台風が来ても「お勤めご苦労さまです!」と言えるくらいのメンタルになれると良いですね!(ぜんぜん違う)

 

 

Advertisement