必ず子供が眠る!と噂の「魔法の絵本」の読み聞かせ

必ず子供が眠る!と噂の「魔法の絵本」の読み聞かせ

こんにちは、長男くんの寝かし付けをすると逆に寝かし付けられてしまうヨメです。

育児中、ずっと悩んでいること。それは、長男くんが寝ない! 

昔からそうなのですが一日中遊んでも、夜寝ないのです。低燃費なのか、無限のバッテリーを積んでいるのか分かりませんが、とにかく寝ない!

9時に寝かし付けても、眠るのに平均で1時間、長いと2時間近く掛かります。

その間寝かし付けをしている私は一切何も出来ないので大変困りますし、沖縄へ来て約1時間半早く登園する事になったので、引っ越す前と同じ時間に寝ていては、早く起きる分睡眠時間が短くなってしまいます。

 

世界的にみても、日本の子供の睡眠時間の短さはトップレベルだそうな。さらに長男くんは短い。と言うことは、めちゃめちゃ睡眠不足⁈

幼児の睡眠不足は成長にもかなり悪影響なので、本当に困っていました。

 

そこで、幼稚園の先生に相談したところ、良い本があるとの事で貸していただけました。

その本は「おやすみ、ロジャー」

行動心理学の教授が自費出版をしたところ、「子供がめっちゃ眠る!」と話題になり、Amazonでベストセラーになった絵本だそうです。

先生も園でのお昼寝タイムに読んだら、何人もの子供に効果があった!との事でした。

 

早速借りて来た日の夜に読んでみました。

本には読み方の指定があったり、読み方の注意事項が書いてありました。

部屋は暗くして、本の挿絵は見せないようにします。と言ってもほとんどが文字で、読み聞かせるための本なのが分かります。目を閉じて聞くように長男くんに伝えました。

 

あらすじは、うさぎのロジャーと君(この本の読み手の我が子)がなかなか眠れない。そこで、すぐに眠れるようにしてくれる親切な魔法使いのおじさんのところに魔法をかけてもらいにいき、眠れるようになる。というお話。

本には【なまえ】と書いてあります。そこに長男くんの名前を入れて読むのです。

しかし、長男くんの名前が出てくるたびに「えっ、なまえかいてあるの⁈」と、そこに興味を持ってしまい、興奮する長男くん。

本を読む前に「本には(長男くんの名前)が出てくるよ、たがらロジャーと一緒に、本の主人公になったつもりで聞いてね」と伝えておいた方が良いですね。

本来は、自分の名前を読まれる事で、本の世界に入りやすくする効果があるのだと思います。

 

本はなるべくゆっくり読むように心がけました。大体読み方終えるのに10分~15分位だったかなと思います。

何度も同じ言葉を繰り返し読んだり、「君はさいごには眠ってしまう。」等の断定した読み方が印象的でした。こんな絵本読んだ事がありませんでした。暗示に掛かり易くする効果がある様で、「あなたはだんだん眠くな~る」と、気分は魔法使いか、催眠術師になったみたいでした(笑)

 

■読み終えてみて

読んでいる間に眠ってしまうと言う噂でしたが、結果は、読んでいる間には眠りませんでした。が、しばらくすると眠りました!

読んでいる間クスクス笑っていたり、何度も寝返りを打ったりと少し興奮していましたが、それで気が済んだのか読み終えた後、こちらをじっと見て、コロコロと寝返りを何度かして眠りました。

 

■絵本を読む前の段階も注意した方が良かった

長男くんは、眠るちょっと前までアニメの映画を見ていました。少なくとも、眠る1時間前には脳を興奮させてしまうゲームやテレビ等、電子映像関係は遮断した方が良いと思います。本の効果が弱まる原因に。読んでいる間に眠らなかったのはそのせいもあると思います。

 

■毎日の読み聞かせで眠りやすくなるかも

パブロフの犬…ではありませんが、眠る前にこの本を読むと子供は、「あっ、おかあさんがあのほんよみはじめると、ボク(わたし)は、ねむくなっちゃうんだ~」と読む事で眠る習慣が付くかも。

 

■読んでいるこちらが眠くなる!

同じ言葉を繰り返し読んでいて、1番聞いているのは読んでいる私自身なので自己暗示?なのか大変眠くなりました。何だか眠れないなーと言う時にひつじを数える代わりに読んでみると良いかもしれません。

 

また近々、読んでみようと思います。ではでは、おやすみなさい。

我が家の眠りのスペシャリスト。

 

 

Advertisement